1. TOP
  2. 【プロのリターンを学ぶ4】フェデラーのリターン

【プロのリターンを学ぶ4】フェデラーのリターン

ロジャーフェデラーのリターン方法を学びます。
フェデラーはどんなショットでもリターンを返すことができますが、
バックハンドにいいサーブが来た時にスライスでリターンする傾向があります。

スライスで返すことにより、次への十分な時間がとれますし、
低くボールを返すことで相手がすぐに攻めてくることもありません。
実際にスライスでリターンをしてみましょう。

▼リターンするときの立ち位置
フェデラーはジェコビッチ同様、ベースラインの後ろに立ちます。
しかしフェデラーは、ダイナミックなホップを使います。

このようなたくさんの小さなホップを使うことによって、
時間を与えずに、攻撃的に打点に入ることができます。

サーブは遅くても80kmの速度で飛んできます。
カルロビッチやロディックのサーブは200kmを超えますので、
しっかりリターンを返せるように集中しなければいけません。

フェデラーのバックハンドスライスリターンは低くバウンドするので
相手は膝を曲げ、トップスピンで返さざるを得なくなります。

中には力で、低く打ち返す選手もいますが。
一般のプレーヤー同士の試合ではないでしょう。

▼リターンの構えで、ラケットヘッドを立てる理由

なぜラケットのトップを立てるのでしょうか?
それはボールがバウンドしたあと腰から頭の高さになるためです。

ラケットヘッドを下げる理由はありません。
ただナダルは、後ろに下がるため少しヘッドを下げています。

フォアハンドについてはジョコビッチと同じです。
フェデラーはとても正確なリターンをします。

▼トッププレーヤーに共通する点
トッププレーヤーをみると、リターン時に上半身のバランスがとれています。
横に動いてリターンするときも上半身は崩れません

またリターンするときは必ず前に動きます。

ナダルの場合は、リターンをして前に動きます。
こちらはどちらが先でもいいです。

しかし、リターン後は、元の位置に戻ることが大事です。
場所取りが大切です。後ろで打ったとしてもリターン後、元の場所に戻ります。
主導権を握るためにはその場所を明け渡してはいけません。

勝てるプレーヤーは常に内側にいます。

\ SNSでシェアしよう! /

テニス動画 l Youtubeテニス動画まとめの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

テニス動画 l Youtubeテニス動画まとめの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ロレックス・パリ・マスターズ 2017 動画

  • ウィンブルドン 2017 動画

  • 【エイゴン選手権】クイーンズクラブ 2017 動画

  • 【ゲリー・ウェバー・オープン】ハレ 2017

関連記事

  • フェデラー サーブ動画

  • サーブレッスン(鈴木貴男プロ)動画

  • ロジャー・フェデラー (フォア・バックハンド・サーブ・リターン)

  • サーブ&ボレーのレッスン2

  • 【筋トレ】自宅でテニストレーニング

  • ブライアン兄弟から学ぶ、勝つためのテニスダブルス