1. TOP
  2. パトリック・ラフターのサーブレッスン1

パトリック・ラフターのサーブレッスン1

ラフターのファーストサーブとセカンドサーブ スロー動画

パトリック・ラフター選手のサーブレッスンです。
パトリック・ラフター選手についてwikipediaで調べる

そうです。あのパトリック・ラフター選手です。おそらく12年ぐらい前にテニスにハマっていた人はご存知だと思います。オーストラリアで一番人気のテニスプレーヤーでした。サーブアンドボレーを武器に、全米オープンを2度制した選手です。プリンスの白ラケットを使う人が、一気に増えたのが記憶にあたらしいです。

ラフター氏がサーブについて教えてくれる動画。

▼速いサーブ=良いサーブは間違い?

サーブを打つときに、どの位の速さで打つか、どんな回転をかけるか、どこに打つかなど色んなパターンが考えられますよね。多くの一般プレーヤーは、サーブは速いボールを打たないといけないと思い込みがちですが、ここでは速く打たなくても、確実に安定したやり方でポイントを取る方法を教えています。

プロの試合では、60~70%がサーブで決まります。彼はスピードよりも、トスボールの回転をうまく使い分けて、試合をコントロールする秘訣だと話しています。そして、特に心がけたいのが大切なのは相手に、ラケットのど真ん中でリターンさせないこと

基本的に、ラフターはキックサーブを、ファーストサーブとセカンドサーブの両方使うことが多いです。
(115マイルのサーブをファーストサーブで使い、セカンドサーブは90~95マイルぐらいで打ちます。)

ファーストサービスはスピンを減らしてスピードを上げて、セカンドサーブは回転数を増やして高くバウンドさせます。
繰り返しますが大事なのは、サーブのスピードではなくプレイスメント=ボールのコントロールです。

 

▼サーブは、プレースメントとバリエーションがカギ

彼は同じトスで、スライス、スピン、フラットの3種類を打ち分けます。これが上手に打ち分けられると、スピンを打つと見せかけて、実はスライスだったなど相手に常に考えさせることができます。さらに、打つ方向をセンター、ワイドサーブ、ボディーサーブと打ち分けれるとさらに効果的になります。

 

▼ボールのどこを打つのか?

ボールを打つときにボールのどのあたりを打つかを説明します。

pat1

(ボールを時計に例えて話しています)

 

★ファーストサーブ
思いボールを打つときには、11時半の位置から4時か5時あたりに向かって打ちます。

pat1 pat1

11時半から12時の位置から少しラケットに当てながら、
4時から5時の位置にラケットを抜いていき、最後は少しラケットを内側にカーブさせます。

 

★セカンドサーブ
今度は10時あたりから2時の位置にラケットを抜いていきます。
ファーストサーブよりも内側にラケットをカーブさせます。

pat1 pat1

 

★一般プレーヤーの方でキックサーブが打ちたい人 
8時の位置から1時か2時に向かって打って、少し高めに打つことを意識すると
うまく打てます。

頭で分かっていても分からない人は、目をつぶってスイングをイメージしましょう。
一番のサーブ上達方法は、キックサーブを打ったときの感触をまずつかむことが大事です。
上記のことをイメージして、キックサーブのフィーリングを
掴みながらサーブを徐々に上達させていきましょう。

▼まとめ

上記でもお伝えしましたが、このレッスンで大事なのは、

エースを打つことではなく、相手にラケットの端でボールを打たせることです。

次のボールを打って決めれば良いという考え方ですね。
(動画の中で、サーブアンドボレーをしないとダメなわけではないと言っています。)

そして相手に常にどこにどんなボールが来るのかを考えさせること。
つまり、大事なのは相手に簡単にリターンをさせないことですね。

次のレッスンでは、安定したトスの上げ方について学びます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

テニス動画 l Youtubeテニス動画まとめの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

テニス動画 l Youtubeテニス動画まとめの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • ロレックス・パリ・マスターズ 2017 動画

  • ウィンブルドン 2017 動画

  • 【エイゴン選手権】クイーンズクラブ 2017 動画

  • 【ゲリー・ウェバー・オープン】ハレ 2017

関連記事

  • 速くなくてもサーブを武器にする方法

  • 【プロのリターンを学ぶ2】ジョコビッチのリターン

  • 【プロのリターンを学ぶ1】ナダルのリターン

  • フェデラー サーブ動画

  • サーブ&ボレーのレッスン1

  • サーブ&ボレーのレッスン2